『デザインの話を聞こう-対話と実験―』ゲスト:UMA/design farm代表 原田祐馬

開催概要

●日時:2020年2月12日(水)
17:30~19:00(受付17:00開始)

●会場:ほんぽーと(新潟市立中央図書館 )多目的ホール
新潟市中央区明石2丁目1−10 /新潟駅より徒歩約10分

●参加費:500円

ゲスト

●原田 祐馬(はらだ ゆうま)  UMA/design farm 代表 / アートディレクター・ デザイナー

1979年大阪生まれ。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「共に考え、共につくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。グッドデザイン金賞(2016年度)、第51回日本サインデザイン賞最優秀賞(2017年度)など国内外で受賞多数。京都造形芸術大学空間演出デザイン学科客員教授。愛犬の名前はワカメ。

開催にあたって

「デザイン」といっても意味は広く、いろいろな使われ方をしています。そして、コンピューターやインターネットのおかげで、デザインは身近なものになり、楽しい、かっこいい、素敵な、いろいろなデザインを見たり知ることができ、短い時間でも色や形をきれいに作ることができるようになりました。

ドキッとするようなデザインは素敵ですね。
地域に根差した活動も有意義ですね。
商売繁盛につながるデザインも喜ばれます。
かわいいデザインは、欲しくなりますよね。

そんなデザインの専門家が「デザイナー」だったりグラフィックデザイナー、アートディレクターと呼ばれるような人たちです。
その中でも、魅力的な取り組みや、デザイン活動をしている人には、どんな特徴があるのでしょう。ぼくは、そういうことがちょっと気になります。
どこで、だれと、どんなふうに 活動し、何を考えるのか。
そんな話を生で聞き、刺激を受け新潟のデザイン活動が少しでも奥行きがあるものになればと思っています。
単純に、グラフィックデザイン周辺のことが好きな人の話を聞くのが好きなわけではありますが。

NEWGATE 代表 迫一成

初めて原田さんのお話を聞いたのは19年秋。特に印象に残ったエピソードは「団子」のお話でした。お土産用の団子のパッケージを考えるなかで、そもそもタレが美味しくないのでは?!という点に着目。そこから団子屋さんとの度重なる試作の日々が始まります…。「対話と実験」をモットーにする原田さんのデザインとは。ときには笑いを交えながらの明るい雰囲気が、デザインにも表れているんだな~と感じられると思います。ぜひお越しください。

渡辺

司会

迫 一成(さこ かずなり)
NEWGATE 代表
福岡県生まれ。hickory03travelersを運営し、イラスト、グラフィックデザイン、商品開発、グッズ制作、印刷物、デザインと社会を結ぶ企画・開催、空間デザイン商店街を楽しむ活動など、幅広く活動中。グッドデザイン賞2015受賞。上古町商店街副理事長。長岡造形大学非常勤講師。

お申込み

こちらのフォームもしくは下記連絡先へお申込みください

NEWGATE事務局

〒951-8063
新潟市中央区古町通3番町556
TEL:025-201-8427
MAIL:newgate2020design@gmail.com
担当:渡辺

助成:
アーツカウンシル新潟
((公財)新潟市芸術文化振興財団)
「文化芸術基盤整備促進支援事業」

One Reply to “『デザインの話を聞こう-対話と実験―』ゲスト:UMA/design farm代表 原田祐馬”

コメントは受け付けていません。